2011年02月13日

中国は個人の早期退職に対し一度補助金を出し個人税を徴収する

企業・国家機関はまだ法で定まった退職年齢に達していない、早期退職手続きをしている個人に対し、統一基準に基づいて早期退職者に一度補助金を支払い、免税されない退職所得から、「給料、給料の所得」の項目に基づいて個人所得税を徴収するべきであるとした。

税務総局の規定は、個人の早期退職の手続きの処理と収得した補助金により、退職手続き処理に基づいて早期退職した年齢から法で決められた退職年齢まで月平均で割り当て個人所得税を計算すべきであるとしている。

今回は訳すのが難しかったので間違いが多いかもしれません、簡単に言ってしまえば、中国政府は何かと税金を取ろうとしていると言うことみたいです。

就活するなら【就活ズ】

「就活ズ」はエンジニア、営業職、事務職、サービス職など、多岐にわたる求人情報を掲載

退職・転職を考えたらこの1冊 はじめの一歩退職・転職を考えたらこの1冊 はじめの一歩
岡田 良則

by G-Tools

posted by miyabiyako at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。