2011年02月14日

中国の約10%のイネに基準値を超えるカドミウムが存在する、イタイイタイ病を引き起こす可能性がある。

中国の学者は、中国の約10%のイネにカドミウムが存在している問題を提示した。全世界で最もイネを消費する中国にとって、これはとても深刻な問題である。カドミウム以外にも、米の中にそのほかの重金属が基準値を超えて存在している問題がある。

食物汚染の連鎖はすでに長年持続し続けている。工業化の中で鉱物を掘るなどの行為が盛んになり化合物の形で存在するカドミウムなどの有毒な重金属を自然界に排出する。これらの重金属は水や茎を通して、中国の大部分を汚染し、イネがそれを吸収し、そして人体の中に入り込む。

大部分の汚染米は流通していない。しかしこのことは汚染米産地以外の民衆を危険にさらす。危険の程度は、現在もあまりわかっていない。

こんなことになるんじゃないかと、思っていましたがやっぱりなりましたね。農村部では、すでに被害が出ているみたいです。

らでぃっしゅぼーや

有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。まずは安心食材を試してみませんか?

農と環境と健康に及ぼすカドミウムとヒ素の影響 (北里大学農医連携学術叢書)農と環境と健康に及ぼすカドミウムとヒ素の影響 (北里大学農医連携学術叢書)
陽 捷行

by G-Tools

posted by miyabiyako at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。