2011年02月20日

アップル中国工場101人を中毒と診断、58人は助成金を受け取り離職

アップルは初めて中国の工場の工員137名の労働者を中毒による、健康被害を受けたと承認した。現在、58人の工員が離職後7万から14万元の助成金を獲得している。中国の工場では工員を無理やり辞職させようとしたことを否認している。

中国工場では、アルコール等の洗剤の代わりとして安いノルマへキサンを使っていたが、基準値を超えるノルマへキサンが空気中にあったため、工員に手足の痺れが出てきた。

中国は、重金属やレアアースなどの公害が多いですね、日本も経験したことのなのに、同じことをするのは如何してでしょうか、そのほうが政府にとって有利なんでしょうか?

中国 工場 Amazon


中国の環境問題 今なにが起きているのか (DOJIN選書 12)中国の環境問題 今なにが起きているのか (DOJIN選書 12)
井村 秀文

by G-Tools





posted by miyabiyako at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。