2011年10月08日

中国は台湾に対して以前のように許容することはできない。

台湾の前“国家安全会議”の事務総長の蘇起は戦略情勢の改変が整うにあたり、台湾と中国の関係上、台湾を牌と呼ぶ時代は終わった。
将来、中国は台湾に対し以前のように許容することはできない、台湾はこの新しい局面に対してしっかりとした準備をしなければならない、中国は大国であることを忘れてはいけないと述べた。
蘇起は、「九二共識」、「不統、不独、不武」あるいは「先易後難」これらはすべて台湾が先に言い出したことでありECFAも台湾が要したことであると述べる、彼は、中国の変化と世界での突出に伴い、将来中国は台湾に対し許容し続けることはできないだろうと予想する。
台湾―四百年の歴史と展望 (中公新書) [新書] / 伊藤 潔 (著); 中央公論社 (刊)台湾 ニイハオノート [単行本] / 青木 由香 (著); ジェイティビィパブリッシング (刊)新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論 [単行本] / 小林 よしのり (著); 小学館 (刊)
台湾茶ギフト 阿里山、凍頂烏龍、梨山、大禹嶺 各50gx4缶詰合せ (特級)【送料無料】

ECFA(両岸経済協力枠組協議、Economic Cooperation Framework Agreement)とは、中華民国(台湾)と中華人民共和国(中国)が締結した自由貿易協定(FTA)である。日本では(中台)経済協力枠組み協定と呼ばれることもある。ウィキぺディアより



ブログパーツ
タグ:中国 台湾 蘇起
posted by miyabiyako at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国と台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。