2013年02月09日

中国政府東京大爆発花火を止めるよう呼びかける

東京爆発.bmp


イギリスの報道で東シナ海での無人島の領土争いは、日に日に深刻さを増しており日中の経済関係に重大なダメージを与えていると示した。軍事と政治の緊張状態が激化するにつれて、日本の車製造メーカの売り上げは激減、中国の日本式レストランと日本資本のデパートなどは挫折し、中国、日本間の旅行者の数は降下する一方である。

中国「反日デモ」の深層

しかし、一部の人々の中にはこの争いで儲けようとしている人たちもいる。この人たちは反日をテーマにした花火、爆竹を販売している。東京大爆発は中国の伝統的な祝日である春節の日に路傍のテントで販売されている花火の名前です。北京の富裕層が好んで買っています。好戦的な中国人はこの名前の種類の花火から日本の首都を火の海にする想像ができると話しています。

しかし政府はそのその種の名前での販売をしないよう呼びかけている。


ブログパーツ
posted by miyabiyako at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日中関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。