2013年02月09日

中国大使日本のレーダー照射に対する意見を否定

中国日本大使館ニュースよると、在日本中国大使程永華は日本の外務事務次官河相周夫と面会した、河相は中国の艦艇が日本の艦艇にレーダーを照射したことについての交渉を提起してきたが、程永華はこの意見に取り合わず反対にこちらから交渉を提起している。

【送料無料選択可】やっかいな中国人を黙らせる法 中国要人が教える中国式マネジメント術/鈴木健介/著(単行本・ムック)



程永華は、日本は5日以降マスコミを使い好き勝手に中国の艦艇が日本の艦艇にレーダーを照射したこと中国の威嚇だと大げさに騒ぎ、中国のイメージを潰そうとしている。中国側はこれを不満に思い、日本に対して厳正な交渉を提起している述べた。

程永華は、中国側の関連部門はすでに関係する事実の真相を公表して、日本側の言い分は事実とは一致しないと言っている。中国の要求は日本が適切な行動をとることであり、それは無責任な言論の発表を止めて、緊張の製造、対立の扇動、矛盾の激化を止める事であると発表した。

中国の外交部は日本は悪意の有る虚偽のニュースを流し、中国のイメージを潰し、中国の威嚇だと大げさにし、緊張ムードを作り、国際世論を間違った方向に導こうとしていると指摘している。

私達は日本が一体何を望んでいるのかを聞きたい、私達は日本に対してずっと警戒していかなければならない。日本が小細工をすることを止めて、話し合いでの解決を望むようになることを期待している。


ブログパーツ
posted by miyabiyako at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日中関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。