2014年08月22日

中国でふたりっ子政策を実施しても、出生率は増えない模様。

中国三中全会で「子供が一人しかいない夫婦が二人目を育てることができる政策」が提出された。この政策は中国国家ならび社会の発展、家庭の幸福のために必要な政策とみられているが、この政策で出生率が本当に上がるのか?と国民の関心を引いています。

エジソン じょうずに食べられるフォーク&スプーン ナチュラル
予測では、この政策の実施後、全国の毎年の出生率はあまり増加はしないだろうとされています。現在、中国でこの政策の条件に符合している夫婦はそれほど多くなく、1100万組ほどである。さらにこの夫婦のなかで、経済的理由、時間などの制約によって、二人目がほしいと言う夫婦はそのなか一部しかいなかった。

ある調査で、この政策が実施されたとしたら、毎年の新生児は200万人の増加が見込めるが、この数値は2000年前後の数値と同規模であり、ベビーラッシュは起こらないだろうとされている。


posted by miyabiyako at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。