2014年09月11日

中国の巡視船が尖閣領域に入ったと日本が抗議

が尖閣諸島の問題で中国は一貫して尖閣は中国固有の領土であると明確に主張している。日本側は歴史と現実を正史し、問題解決の努力をすべきである。9月8日、日本のメディアが中国の海警が尖閣の排他的経済水域内でロープのようなものを海中に入れたと報道している。日本側はこのことを同意を経ていない調査だとし、安倍首相は遺憾であると発言し同時に外交ルートを通じて中国側に抗議をしていると語っています。
【楽天ブックスならいつでも送料無料】自衛隊は尖閣紛争をどう戦うか [ 西村金一 ]
【中国ネット民の反応】

1:無名小輩 
日本人は恥知らずで面の皮が厚い 
中国は自分たちの固有の領土を巡航しているだけ

2:無名小輩
日本はほんとに厚かましい中国はすでに釣魚島は
中国のものだと世界に宣言しています

3:無名小輩
中国はまだ強くないみんな努力しましょう

4:無名小輩
たとえ日本が釣魚島を盗ったとしても
いずれ中国に返ってくる

5:無名小輩
私たちも抗議をします

6:無名小輩
中国は実際それほど力がなく、日本の背後にはアメリカが
いるのでいまは10年におよび臥薪嘗胆の状態だ

7:無名小輩
民間人を上陸させて、日本人の痕跡を一掃しよう!!

8:無名小輩
釣魚島は中国のものです
日本人は自分で自分をだまさないでください

9:無名小輩
相手にするな!負け犬の遠吠えだ!

10:無名小輩
日本が勝手に島を買ったせいでこれまでの協議がめちゃくちゃになった

ワケありな日本の領土ワケありな日本の領土
沢辺 有司

彩図社
売り上げランキング : 180995

Amazonで詳しく見る
posted by miyabiyako at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日中関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。