2014年09月27日

日本の海上保安庁2艘の船を新たに尖閣の警備にあてる


9月26日、朝日新聞が日本三菱重工下関造船所が海上保安庁に新型の巡視船を2艘引き渡しが行われたことを報道した。この巡視船は石垣島の海上保安庁に渡され、10月下旬から釣魚島の周辺の警備を担当する予定です。

2012年、日本政府は勝手に釣魚島を国有化したのちも中国はパトロールをしていた、そのため日本の海上保安庁は警備を強化することか決定し、2015年度までに10艘の船を建造する計画をたてた。26日の2艘の船はこの計画の第一段階である。
スカイウェーブシリーズ プラモデル 1/700 海上保安庁 はてるま型巡視船 PL-66 しきね エッチン...
【中国ネット民の反応】

1:無名小輩
中国はプーチンのような人物を求める

2:無名小輩
日本製品を売るやつは天寿を全うしない

3:無名小輩
この船には20センチ機関砲が搭載されている
こっちの船には水鉄砲しか搭載されていない

4:無名小輩
実際日本はここまですることはないよ、中国の巡視船は
釣魚島を遠くから巡視する形だけのものだから

5:無名小輩
いつになったら釣魚島を取り戻せるの?

6:無名小輩
外国排斥のためには国家の安泰が必要です

7:無名小輩
三菱の車は買うな!

8:無名小輩
あっちが2艘ならこっちは6艘にして高圧的姿勢を保ち
最後まで優位を維持し最後には屈服させる

9:無名小輩
釣魚島周辺で実弾演習をするしかないな

日中関係史 (有斐閣アルマ)日中関係史 (有斐閣アルマ)
国分 良成,添谷 芳秀,高原 明生,川島 真

有斐閣
売り上げランキング : 53252

Amazonで詳しく見る

posted by miyabiyako at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日中関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。