2014年09月30日

インドと中国の国境部隊の対峙 今日同時に撤退


9月30日の友好協議を経て、インドと中国の両国の国境部隊が相対立し膠着状態に陥って状況が解決された。9月30日、両国の国境部隊は協議で決められた通りにお互い完全に撤退した。引き続き両国の友好な関係を持続していくことも話された。
外文出版社 (編集) 出版等 外文出版社 ページ数 160中印境界問題 (1962年)【中古】
この協議に関してインドの首相は「インドと中国は話し合いを通じて解決する能力があり、外部からの仲裁は必要ないと答えさらに「インドは隣国と友好な関係を築くことを望んとでいる」と話した。

【中国ネット民の反応】

1:無名小輩
遠い親戚より近くの他人 国家間でもこのようなことか
大事になってくる!!


2:無名小輩
なんで撤退するの?


3:無名小輩
インド 中国 日本 韓国でASEANに加盟して、アジア経済を世界経済の
中心にしましょう


4:無名小輩
>>3
こんな状況でそんなことできるわけないだろ


5:無名小輩
どんな協議があったんだろ怪しいね


6:無名小輩
>>5
国辱的な条約を締結したんじゃないの


7:無名小輩
中国とインドは争っても共倒れするだけ


8:無名小輩
また阿三(インド人の事)に領土を渡したの?


9:無名小輩
良い切っ掛けだ 中国とインドの関係改善は両国に大きな利益をもたらすよ


10:無名小輩
インドは中国の隠れた敵!同盟が結べれば心強い


11:無名小輩
中国は突然強硬な手段に出るから わけがわからなくなる


12:無名小輩
ロシアとインドとはしばらく争いはないだろうこの間に
日本と南シナ海のやつらを片付けよう


13:無名小輩
インドとはいずれ争うことになる


14:無名小輩
バカなやつは戦争ばかりする


15:無名小輩
中国とインドが戦争して日本とアメリカが漁夫の利を狙う

【wikipediaなどから引用】
中国とインドの国境問題は昔からあったが1962年に中華人民共和国がインドに進行し軍事衝突が起きたことで紛争となり最悪の状態になり国交断絶の状態になってしまった。その後88年になりインドのラジブ・ガンジー首相が訪中し徐々に改善していった。しかし現在でも国境が画定していない地点が多い。


国境の人びと: 再考・島国日本の肖像 (新潮選書)国境の人びと: 再考・島国日本の肖像 (新潮選書)
山田 吉彦

新潮社
売り上げランキング : 45657

Amazonで詳しく見る by AZlink

引用元:http://kotobank.jp/
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%8D%B0%E5%9B%BD%E5%A2%83%E7%B4%9B%E4%BA%89
posted by miyabiyako at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 印中関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 ニュースブログへ
ランキング参加中 ↑クリックお願いします
 

 
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。